頭痛専門整体
TOP > 頭痛専門整体

頭痛専門整体

なぜ頭痛薬が手放せなかったつらい頭痛が当院の整体で頭痛がよくなるのか?

慢性頭痛(緊張型頭痛、


 首、肩のマッサージだけでは残念ながら頭痛はよくなりません。緊張型頭痛をはじめとする慢性頭痛は、首の骨の中を通っている椎骨動脈の圧迫によって起こってます。

 

さらに顎周囲からも動脈がこめかみ、後頭部に伸びています。これらの血流を改善しないで肩こりで頭痛とマッサージしてもあまり変わりません。

 

上記の動脈の血流を改善したうえでさらに既に血流不足の頭蓋骨にも調整を加え首から頭の血流の通りをよくすることで初めて頭痛に変化は起こります。

 

頭痛薬によって頭痛が一時的に減るのもこの理屈ですが、そんなに長くはもちません。根本的に元から頭痛の原因を絶たないといつまでも薬との縁は切れませんよ。

 

頭痛外来に通院している方達に質問です?頭痛の治療で薬を出してもらう以外に治療をしてもらった事がありますか?

 

頭痛専門、頭痛外来といっても結局は西洋医学の治療は頭痛薬の処方以外ないのが現状です。現状の改善は常識の外にあると考えて一歩を踏み出す必要があります。

ここでお伝えしたいのは頭痛外来に行くなということではないです。通院して継続的に頭痛がないのであれば当院にも来る必要もありません。

 

ただ実際には頭痛薬を服用しても頭痛は変わらない、減らない、もしくは効くけど頭痛薬の効いている5時間~7時間でもとに戻る方が大半という事実です。

 

実際当院でも10年間、ほぼ毎日頭痛がでて半ばあきらめている方もいましたが、当院の施術1か月~2か月で頭痛頻度、程度も激減、ほとんど頭痛がでなくなった方もいます。

 

その方も当然頭痛外来にはずっと通院していましたがあまり芳しくありませんでした。

 

原因が頸椎にあったのですが、頭痛薬で頸椎のズレは取れません。そういったズレはレントゲンにも写らないので手で触診して見つけるほかないのです。

 

頭痛外来の先生が首や頭を触って検査してくれますか?ほとんどカルテとにらめっこして顔をほとんど見ず「頭痛薬出しておくのでこれで様子見てください。」でおしまいでしょう。

 

あなたはそれでいいですか?納得できますか?納得出来ない人だけ当院に来てください。


ヘルニアや腰痛、肩こり、むちうち、座骨神経痛、頭痛に当院の整体が変化をもたらすのか?

 

ほかの整骨院や整体院との違い

タミ整骨院、整体院の特徴

慢性頭痛の緊張型頭痛、片頭痛、群発性頭痛に対処できる整体技術で施術いたします。

整骨院院長の推薦

 

頭痛、首の痛みが当院の整体治療でよくなりました。

頭痛、首の痛みでお越しの患者さん

 

 

頭痛でお悩みだった患者様

 

ヘルニアや腰痛、肩こり、むちうち、座骨神経痛、頭痛に当院の整体が変化をもたらすのか?

 











 電車でお越しの方 新京成 薬園台駅徒歩1分 改札を出て、右側の出口の階段を下りて、セブンイレブンへ向かって直進 そのままセブンイレブン横すぐマンションの1Fです。 お車でお越しの方 タミ整体の裏側、たかざわ医院横の駐車場 1番と2番です。

お問合せ

慢性頭痛のなかで一番多い緊張型頭痛。無理な姿勢や過度な緊張、ストレスなどが重なって起こると考えられています。

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛は、頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが30分~7日間続きます。
 特徴として肩や首の強いこり、めまい、ふらつき、全身のだるさなどを伴うことがあります。子どもから高齢者まで、どの年齢層でもみられ、ときどき頭痛がするタイプ(反復性緊張型頭痛)と、毎日のように頭痛が続くタイプ(慢性緊張型頭痛)とがあります。

緊張型頭痛の主な症状

頻度 同じような痛みが毎日起こる
痛み方 頭全体が締めつけられるように痛む
痛む場所 頭全体や後頭部や首筋
家事や仕事 何とかできる
動くと痛みはどうなる 痛みが軽くなる
頭痛以外の症状 ふわふわしためまいや肩や首の「こり」を伴う
どうすると痛みが楽になる ストレッチや(シャワーなどで)温める

緊張型頭痛の誘因

緊張型頭痛は、身体的ストレスと精神的ストレスがいくつも重なることによって起こると考えられています。
身体的ストレスとは、たとえば上半身を前かがみにしたパソコン操作や、うつむき姿勢、車の運転、就寝時の合わない枕など、不自然な姿勢を長い間続けることや、体の冷えなどがこれに当たります。そのような状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮し、こった状態になり、頭痛を誘発します。また、運動不足も頭痛を招きます。
家庭内でのトラブルや仕事がうまくいかないなどの精神的ストレスも、神経や筋肉の緊張を高め、頭痛の誘因となります。

緊張型頭痛が起こるしくみ

緊張型頭痛は、首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張することで起こるといわれています。
筋肉の緊張が高まると、筋肉内の血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物がたまります。それが周囲の神経を刺激し、締めつけられるような痛みを起こすのです。また、精神的ストレスは、筋肉の緊張がなくても頭痛を引き起こすことがあります。神経の緊張が毎日のように続くと、脳に備わっている「痛みのコントロール機能」がきちんと働かなくなり、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになってしまうのです。

緊張型頭痛の治療

ときどき緊張型頭痛が起こる「反復性緊張型頭痛」は、肩や首の筋肉をおさえると痛みを感じるような場合に鎮痛薬によって痛みが軽減することもありますが、通常は、とくに治療を必要としません。頭痛が起こったときには、適度に体を動かして筋肉をほぐしたりストレッチや入浴によって血行を促すようにしましょう。

一方、痛みが毎日のように続く「慢性緊張型頭痛」は、鎮痛薬を使用してもあまり効果はありません。痛いからといって気休めで毎日のように鎮痛薬を飲むことにより薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)を起こすことがあるので、注意が必要です。慢性緊張型頭痛には、精神的ストレスが誘因となっている場合には抗うつ薬や抗不安薬が用いられ、著しく首や肩の筋肉がこっている場合は、筋弛緩薬(筋肉の収縮を弱める)などを用います。
ただし、あくまで薬は対処療法と考えてください。薬だけでは根本的な解決には至りません。日頃から筋肉が過度に緊張しないよう体の力を抜くトレーニングをしていきましょう。

緊張型頭痛の予防

緊張型頭痛を予防するためには、心身のストレスを上手に解消することが大切です。日頃から適度な運動を心がけ、同じ姿勢を続けないように心がけましょう。仕事や勉強で長時間、机の前に座りっぱなしのことが多い人は、こまめに休憩をとって気分転換をはかり、ときどき背すじを伸ばすなどして、筋肉をほぐすように努めましょう。1日の締めくくりに、ゆっくりとお風呂につかったり、首や肩を当院で教えている1人整体をしていただくのも効果的です。ウォーキングやストレッチといった軽い運動を習慣化し、ゆったり、のんびりした時間をもつことも予防法です。

 

次は片頭痛はどのように痛むのか、特徴的な症状にはどんなものがあるか、具体的にみてみましょう。

片頭痛の特徴

片頭痛は、片側あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴です。ひとたび痛み出したら、4~72時間続きます。

片頭痛の主な症状

痛み方
  • ときどき起こる(間欠的)
  • 「ズキンズキン」あるいは「ガンガン」と脈打つような痛みが4~72時間続く
痛む場所
  • 頭の片側に起こることが多いが、両側のこともある
頻度
  • 頭痛の起こる回数は、月に1~2回程度から、多いときには週に1~2回
経過
  • 痛みは1~2時間でピークに達し、吐き気や嘔吐(おうと)を伴うことも多い
仕事や家事
  • (あまりの痛みに)動くこともできず、仕事や勉強、家事などが手につかなくなったり、能率が下がる。ひどいときには寝込んでしまうこともある
動くとどうなる
  • 動くと痛みが悪化する/動くよりじっとしている方が楽
  • 痛みの発作が起きている間は、姿勢を変えたり、頭をちょっと傾けたりするだけでも痛みが強くなる
痛み以外の症状
(随伴症状)
  • 頭痛に伴って吐き気がしたり、胃がムカムカすることがある
  • 頭痛に伴ってふだんは気にならない程度の光がまぶしく感じることがある
  • 頭痛に伴ってふだんは気にならない程度の音がうるさく感じることがある
  • 頭痛に伴ってにおいが嫌だと感じることがある
前兆
  • 頭痛が起こる前兆として、目の前にチカチカとしたフラッシュのような光やギザギザした光があらわれたり、視野の一部が見えにくくなる閃輝暗点(せんきあんてん)が出ることもある

頭痛の前兆

片頭痛は、「前兆のない片頭痛」と「前兆のある片頭痛」の2タイプに分けられ、前兆のある人は20~30%といわれています。
前兆のある片頭痛では、頭痛が起こる前に、いくつかの前兆がみられます。目の前にチカチカと光るフラッシュのようなものがあらわれ、視野の片側、または中心部が見えにくくなる閃輝暗点(せんきあんてん)を生じることが多いのですが、感覚が鈍くなる感覚異常、言葉が話しにくくなる失語性言語障害がみられる場合もあります。
このような前兆の多くは15~30分で消失し、続いて頭痛が始まります。

ストレスや飲酒などが頭痛のきっかけ(誘因)となることもあります。まずは誘因を知ることが、片頭痛を減らすことにつながります。

精神的ストレスからの解放

責任の重い仕事をがんばってやり終えたとき、大きな悩みから解放されたときなど、緊張がとけてほっとしたとたん、片頭痛が始まってしまったというパターンが多いようです。これは、ストレスがかかっている間は緊張によって収縮していた血管が、リラックスすることによって一気に拡がるためと考えられます。

実際、平日は何でもないのに、せっかくの休日、朝から片頭痛に悩まされるという人は少なくありません。休みの日は朝寝坊もしがちで、おまけに朝食を抜いてしまうと低血糖になり、さらに頭痛発作が起こりやすくなります。このような頭痛は「週末頭痛」と呼ばれています。

月経による女性ホルモンの分泌バランスの変化

片頭痛は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の変動と関係があるといわれ、月経の始まる1~2日前や月経中(特に月経が始まって2~3日の間)、排卵時などによく起こります。逆に月経がなくなりエストロゲンが安定する妊娠中は、片頭痛は一時的に治まることが多いのですが、出産後はまた始まります。閉経後には片頭痛が治まってくることが多いのも、エストロゲンの変動がなくなるからかもしれません。

経口避妊薬(ピル)を服用した場合も、片頭痛が起こりやすくなることがあります。ピルにはエストロゲンが含まれており、21日間服用し、7日間休薬します。片頭痛は血中のエストロゲン量の低下する休薬期間に生じることが多いです。ただし、片頭痛の人がピルを使用する場合は、前兆のある/なしによって、ピルを服用できないこともありますので、必ず医師に相談しましょう。

家族歴

家族や親族のなかにも同じような頭痛持ちの人がいることが多く、その点から遺伝と関連があるともいわれています。とくに母親が片頭痛の場合、子どもが片頭痛になる確率は5割以上にのぼるといわれています。

アルコールや特定の食べ物

アルコール(とくにポリフェノールの含まれる赤ワイン)がきっかけで片頭痛を起こすことはよく知られています。人によっては、チョコレートやチーズ、柑橘類、あるいは食品の防腐剤として使われている亜硝酸ナトリウム、中華料理などによく使われるグルタミン酸ナトリウムなどの添加物によっても片頭痛が誘発されるといわれています。

しかしこれらの食物を口にしたら必ず片頭痛が起こるというものでもなく、食べたときの状況や、いくつかの誘因が重なった場合に発作が起きるのではないかともいわれています。なお、群発頭痛の人はアルコールがトリガーとなり、群発期に飲酒するとほぼ百発百中で頭痛が起きます。

空腹

ダイエット中や、朝食を食べないで学校や会社へ行くと、血糖値が下がるため頭痛が起こることがありますので、食事はきちんと摂りましょう。

人込みや騒音、まぶしい光、香水などのにおい

デパートなど人の集まる場所に出かけると、頭痛が起こる場合がよくあります。この場合、人込みでにおいがこもる、騒音、ストレスあるいはたばこや香水のにおいなどによって頭痛が誘発されていると考えられます。LED照明や強い太陽光なども片頭痛の誘因となることがあります。

また、旅行へ行くと頭痛が起こるという話もよく聞きます。旅行には、車酔い、寝不足、不規則な食事、疲労、ストレス、ストレスからの解放など、頭痛に関連する実に多くの要因が絡んでいます。せっかくの外出や旅行を楽しむためにも、体調を整え、自覚している誘因があれば、できるだけそれを避けるようにしましょう。

天候の変化や温度差

台風や梅雨の季節になると頭痛が起こりやすくなる人がいます。気圧の急激な変動の影響ではないかといわれています。また、冬場の熱い風呂への入浴や、スキー場などで寒い戸外から急に暖かい室内に入ったとき、夏に冷房の効いた部屋から急に暑い屋外に出るときなどの温度差も頭痛のきっかけになります。

睡眠

寝過ぎ、寝不足、いずれも片頭痛の誘因となります。片頭痛にならないためにも、休日でも平日とできるだけ同じように規則正しい生活を送ることが重要です。

どのように片頭痛が起こるのか、そのしくみについて紹介します。痛み以外の随伴症状が起こることについても理解が深まります。

片頭痛はどうやって起こる?

ズキンズキンと脈打つような痛みが起こる片頭痛は、頭の中で血管が拡がり、拍動に合わせて周囲の神経に刺激が伝わることにより起こります。
何らかの原因で脳の太い血管が拡張すると、その周囲を取り巻いている頭の中で一番大きな神経「三叉神経」が圧迫され、刺激を受けます。刺激を受けた三叉神経からは神経ペプチドとよばれる「痛みの原因となる物質」が放出され、血管の周りに炎症が起こります。すると、さらに血管が拡張し、ますます周りの三叉神経が刺激されます。この刺激が大脳に伝わり、“痛み”として認識されることによって、頭痛が起こるのです。この三叉神経からの情報が大脳に伝わる途中で視覚や聴覚、嗅覚を司る中枢(後頭葉、側頭葉)や、吐き気をコントロールする嘔吐中枢にも刺激が伝わります。それによって、光や音、においに敏感になったり、吐き気や嘔吐といった随伴症状があらわれます。当院では手技で顎関節や頭蓋骨にアプローチして頭痛軽減を目指します。

また、血管が拡張する原因のひとつに「セロトニンの過剰な放出」が考えられています。過度のストレスにより脳が刺激を受けると、血液成分のひとつ「血小板」から血管を収縮させる作用をもつ「セロトニン」が大量に放出され、脳の血管が収縮します。その後、時間の経過とともにセロトニンが分解・排泄されて減少すると、収縮していた血管が今度は反動で急激に拡がり、頭痛が起こるというものです。

頭痛が長引くと刺激がさらに刺激を呼ぶといった悪循環に陥ってしまうことから、痛みが軽いうちに、早めに対処することが大切なことがわかります。

群発頭痛はある時期に集中して起こり、男性に多くみられます。目の奥がえぐられるような痛みが特徴で、アルコールがトリガーになります。

群発頭痛とは

群発頭痛は、緊張型頭痛や片頭痛と比べて患者数が少ないため、聞き慣れないかもしれません。
この名称は、群発地震のように、ある期間に集中して頭痛が起こるところからつけられました。たとえば、春先や秋口など季節の変わり目にはじまり、一度痛みがあらわれると、毎日のように頭痛を起こすようになります。痛みは一定期間、たいていは1~2ヵ月くらい続きます。その後、半年から2~3年と、しばらく時間がたった後、再び同じような頭痛に見舞われるのです。頭痛の起こっている期間のことを「群発期」と呼んでいます。群発期以外の期間は、頭痛はすっかり治まってしまいます。
女性に多くみられる片頭痛に対し、群発頭痛は20~40歳代の男性に多く、女性の4~5倍にのぼるともいわれます。その理由ははっきりしていません。

群発頭痛の特徴

群発頭痛は、しばしば「目がえぐられるような」「きりで刺されるような」と表現されるように、耐えられないほどの痛みだといわれます。あまりの痛みにじっとしていることができず、痛みを紛らわせるために動き回らずにはいられない、ひどいときには痛みのあまり頭を壁に打ちつけるという人もあるようです。

群発頭痛の主な症状

頻度
  • 1~2ヵ月間に集中してほぼ毎日起こる
痛む場所
  • 必ず頭の片側が痛む
  • 片側だけの目の奥や周囲にあらわれ、上あごのあたりや頭の片側へと拡がる
痛み方
  • 目の奥がえぐられるような激痛
  • 痛くてじっとしていられない
  • 耐え難い痛み
経過
  • 1日に1~2回起こり、1回の痛みは15分から3時間続く
  • 毎日ほとんど同じ時刻に痛みだす(明け方に起こることが多く、強い痛みで目が覚めてしまう)
動くと痛みはどうなる
  • 動くと痛みが紛れる(痛みのあまり動き回らずにはいられない)
痛み以外の症状
  • 目の充血や涙、鼻水などを伴うことがある

群発頭痛の誘因

群発頭痛ではアルコールがトリガーになり、飲酒後40分から1時間ほどたった頃に発作があらわれやすいといわれています。群発期には、飲酒するとほぼ百発百中で頭痛が起きるため、どんなにお酒好きの人もその期間はアルコールを避けるようです。
それ以外にもタバコや気圧の急激な変化なども誘因となるといわれています。

群発頭痛が起こるしくみ

群発頭痛の発症のメカニズムについては、まだまだ明らかにされていない点が多いのですが、頭部の血管の拡張がかかわっていると考えられています。群発頭痛の場合は、目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥が痛むといわれています。
また、この血管を取り巻いて、涙腺のはたらきや瞳孔の大きさをコントロールしている自律神経が刺激されて、涙が出る、瞳孔が小さくなるといった症状を伴うこともあります。

群発頭痛の治療

群発頭痛の治療は、頭痛外来では薬物療法と酸素吸入法による治療が中心になります。

薬物療法

発作時(急性期)の治療薬としてはトリプタン系薬剤で効果が認められているものがあります。

純酸素吸入法

群発頭痛の激痛は、鎮痛薬を服用しても抑えられないことも多く、「純酸素吸入法」も有効です。純酸素吸入法は、医療用の純度100%の酸素をフェイスマスクを通して毎分7リットルを15分吸入する治療法で、たいていは酸素を吸入して5分ほどで痛みは軽くなってきます。発作が起こったら、できるだけ早く行うと、より効果的です。当院では横隔膜の調整を行い酸素の取り込みを強化し、頭蓋骨の調整を行うことにより脳圧を下げる施術を行なっています。

群発頭痛の予防

薬物療法

群発頭痛では通常、痛みの起こる時刻がほぼ一定していて、とくに明け方が多いようです。このようなケースでは、発作期間中、就寝前にエルゴタミン製剤やトリプタン系薬剤を飲むことで睡眠中の頭痛を予防できる場合があります。
そのほかカルシウム拮抗薬や副腎皮質ステロイドなどが医師の判断で使用されることもあります。当院では横隔膜の調整を行い酸素の取り込みを強化し、頭蓋骨の調整を行うことにより脳圧を下げる施術を行なっています。

日常生活

日常生活のなかで、頭痛を誘発する要因をできるだけ取り除くことを心がけましょう。
群発頭痛は、飲酒やタバコなどが誘因になるといわれています。群発期間は禁酒を守り、喫煙も控えましょう。群発期間を過ぎればお酒を飲んでも頭痛は起こりませんので、お酒を楽しみたい人は、群発期間以外がいいです。また、気圧の急激な変化は血管を拡張させたり、神経を刺激して頭痛を引き起こすことがあります。この前テレビで新幹線のすれ違いでの気圧の変化でも頭痛が起こると言っていました。

 

地図


大きな地図で見る

携帯サイト

QRコード
QRコードを読み取って簡単アクセス

エキテン


薬園台駅×接骨・整骨部門
薬園台駅×整体部門
薬園台駅×マッサージ部門
2012年02月時点

<下記方面からも来院されます>

 千葉市(美浜区/中央区/稲毛区
 /緑区/花見川区/若葉区)
 千葉県/船橋市/浦安市/銚子市/
 市川市/松戸市/野田市/茂原市/
 成田市/佐倉市/東金市/旭市/
 習志野市/柏市/勝浦市/市原市/
 流山市/八千代市/我孫子市/
 鴨川市/鎌ケ谷市//四街道市/
 袖ケ浦市/八街市/印西市/白井市/
 富里市/香取市/山武市/いすみ市
 東京都 埼玉県 神奈川県 など

 <来院される方の症状>
  ・腰痛
  ・産後の骨盤周辺の痛み
  ・坐骨神経痛
  ・頭痛
  ・肩こり
  ・背中痛
  ・足のひえ
  ・手足のしびれ、痛み
  ・手足のむくみ
  ・慢性疲労
  ・スポーツ能力向上
  ・スポーツの怪我防止
  ・膝痛
  ・捻挫
  ・関節痛
  ・打撲  など
  上記にない症状であっても
  お気軽にご相談ください。

しびれ治療ナビ

リンク

千葉県の整体院・カイロプラクティック院
整体院・カイロプラクティック 相互リンク集 【全国版】
鍼灸 求人

カイロプラクティック治療院を探すなら「カイロプラクティック&整体ナビ」

メディプラスゲルの評判チェック!※本音の口コミ掲載中