坐骨神経痛

椎間板ヘルニアの常識、非常識

船橋市で手足のしびれや座骨神経痛

雑誌 「健康」の口コミスゴ腕院長10人に掲載されました

雑誌 「健康」の口コミスゴ腕院長10人に掲載されました

椎間板ヘルニアの常識


年齢が若い場合は、
椎間板ヘルニアが多く、

高齢だと脊柱管狭窄を
原因として発症します。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニア
とも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる
変性で、坐骨神経がつぶされ

【おしりや足に痛みしびれが発生】

 

脊柱管狭窄症

背骨(脊椎ともいいます)は、
身体を支える役割とともに、

脳から背骨に沿って延びてきた神経
(脊髄)を守る役割も担っています。

この神経が走っている背骨の隙間が「脊柱管」

腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは?

脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態の事で、

【50代を超えた中高年に多く発生】

脊柱管が老化などが原因で狭くなり、
神経の根元や馬尾がつぶされ、

◎おしりやももに痛みやしびれ

◎麻痺や間欠性跛行(かんけつせいはこう)

※痛みや麻痺での歩行障害が間欠性跛行

 

椎間板ヘルニア|腰や首で起こる

背骨は、「椎体」という骨と、
その間でクッションの役割をする

「椎間板(ついかんばん)」が
交互に積み重なっています。

椎間板の中にはゼリー状の
「髄核(ずいかく)」があり、

椎間板ヘルニアでは、何らかの理由で

髄核が飛び出し、神経がつぶされ、
痛みやしびれが起こります。

これが「椎間板ヘルニア」で、

◎おしりやももに痛みやしびれ

◎感覚が鈍くなる(正座の後みたいな)

◎力が入らなくなる(親指や足に)

座骨神経痛の患者様

梨状筋症候群

お尻の奥にお尻を横切るように
ついている筋肉(梨状筋)の中を
通っている坐骨神経がつぶされ起こる

痛みやしびれなどのことを

「梨状筋症候群」といいます。

ざっくり言うとおしりの筋肉がない、
もしくは硬い状態で座りすぎで起こる

全部まとめて座骨神経痛

坐骨神経痛は中高年の方に多く見られ
症状は、足の一部分に強く感じるか、
足全体に強く感じる場合もありえる。

太もも、ふくらはぎに痛み、しびれ

お尻が痛くて座っていられない

足に力が入らなくなる

足の裏に正座の後のようなしびれ

足の筋肉が左右で差が出ている

足の裏の皮膚が厚くなった感覚  

など

    • 座骨神経痛の原因は椎間板ヘルニア、椎間関節症、分離すべり症

      どうすれば痛み止めや湿布、
      ブロック注射、手術しないで


      なんとかなるの?

       

    • 答えは・・・

       

      体にくびれを作る

      ※坐骨神経痛、椎間板ヘルニアは

      体にくびれがないとよくならない

      くびれがないと椎間板ヘルニアが良くならない理由

      1. ●人の体は前に15度傾くと、体重の2倍筋肉や関節に負担がかかる※筋肉や関節が劣化、変形で体を弱くする
      2. ●まっすぐ体重が乗らないと、筋肉が睡眠以外ずっと働かないといけない

        ※休む間もなく筋肉が働く為、
        疲労が減るどころか増え続ける
      3. ●内臓や脊髄など、体の重要組織の機能が圧迫されて機能が低下していく※代謝が下がり脳からの指令を正確、スピーディーに伝えられなくなる 

      くびれが椎間板ヘルニアの負担を減らす唯一の方法

      絶対に必要なくびれとは?



      骨盤スッキリくびれ整体で

      ゴールデンラインの姿勢を手に入れる


      これだけです。

      ゴールデンラインって?

      お答えします。

      耳と鎖骨肩峰、股関節大転子、足関節外果が線で結べる姿勢です。

       

      耳と鎖骨と股関節と足首を結んだ線

      耳と鎖骨と股関節と足首を結んだ線

      びれが出来るだけで負担が減って椎間板ヘルニアが早期回復


      例えば首腰のくびれが出来ると

      整体施術によるビフォアーアフター

      ビフォアーアフター1

      首肩の痛みで上を向くのも横を向くのもままならない状態でした。

      週1回の通院でうがいも出来ない首の痛みはもちろん簡単に上を向けるようになりました。

      首の5~7番目で神経が圧迫され、首はもちろん腕と背中が激痛で夜も寝れない状態でした。

      当初通院していた整形外科で痛み止めを処方されていたものの悪化の一途で来院。

      見立てで3ヵ月がかかるとお伝えしましたが、週1回の通院1か月半で回復。

      上を向くのが激痛でしたが余裕で動かせる様に。
      腕や背中も全く痛みやしびれがなくなりました。

      慢性的な肩こりで上を向くだけで頭痛やめまい、腕にしびれや痛みがありました。

      週1回の通院6回で腕のしびれ、痛み、頭痛等改善、楽に上も向けるようになりました。

      慢性腰痛と座骨神経痛で前屈で腰痛と座骨神経痛が悪化

      腰椎椎間板ヘルニアの疑いで3ヵ月~5ヵ月の施術期間を治療計画で提案しましたが期間1カ月半強、8~10回の整体で座骨神経痛を含む腰痛が回復

      そして呼吸が楽になることによって

      酸素の換気量が増えてエネルギーがたくさんできる。

      体の内外が強くなる!免疫力UP!

      にくびれを作れば、辛い

    • 椎間板ヘルニアによる座骨神経痛が

      薬も注射も手術も必要なくなる

      体にくびれを作る事で!

       

       

      明日から疲れが残らず家族にやさしく


      代謝、免疫力UPで体内を強靭ボディ


      関節、筋肉、神経の悲鳴がなくなる体


      肩こり腰痛、神経痛、頭痛、しびれ…



      椎間板ヘルニアが勝手になくなる体に!

      骨盤矯正矯正を得意にしている整体師

       

      • 274-0077 千葉県船橋市薬円台6丁目2-10 ラ.フォレ21-104TEL047-767-9545 タミ整骨院

       

       

       

       

       

       

      電車でお越しの方 新京成 薬園台駅徒歩1分

      改札を出て、右側の出口の階段を下り、
      セブンイレブンへ向かって直進。

      セブンイレブン横すぐマンションの1Fです。

      お車でお越しの方 タミ整骨院の裏側、
      たかざわ医院横の駐車場 1番と2番です。

      [電話番号 tel=”047-767-9545″][/電話番号]


      お問合せ

       

 

関連記事