腰痛

腰椎分離すべり症のセルフケア

腰椎分離すべり症のセルフケア

腰椎分離すべり症とは|船橋 タミ整骨院

腰椎分離症は椎間関節の基部の骨が分離する状態です。

要は骨折です。

原因として、腰の曲げ伸ばしや捻り運動を繰り返すことで
徐々に骨の分離が起こるとする「疲労骨折説」があります。

骨が成熟していない少年期にスポーツで腰部に
繰り返し負担がかかることで発症する場合があります。

腰椎すべり症は椎骨が前後にずれている状態です。
イメージで言うとだるま落としでコンコン叩いて落ちそうな感じ

分離症に伴って起こるすべり症(分離すべり症)と、
分離に伴わないもの(変性すべり症)とに分けられます。

分離すべり症は椎間関節の分離によって脊椎の安定性が悪くなり、
さらに成長期では椎体が変形したり、壮年期では椎間板が変性するなどして発症します。

分離に伴わないすべり症は、椎間板の変性によるものが多く、
腰部脊柱管狭窄症の原因となっています。

分離症だけでは自覚症状が出ない場合が多いです。

長時間の立ち仕事や、腰を反らせたり
横に曲げたりした時に腰痛を訴える場合があります。

これは分離している部分の骨の痛みで、
下肢の筋力低下や痛み、しびれなどの神経症状はほとんどありません。

一方、すべり症では、脊柱管狭窄を起こす場合があり、
腰痛の他に下肢の痛みやしびれなどの神経症状を訴える場合が多く、
ひどくなると馬尾症状(馬尾症候群)が出現することがあります。

分離すべり症になりやすい人|船橋 タミ整骨院

◎バスケやバレー、テニスなど腰に負担をかけている。

◎しりもちや転んで腰に負担をかけた事がある。

◎骨密度が年齢平均か平均以下に状態が続いている。

◎腰に負担をかけるお仕事で腰椎にストレスをかける

腰椎分離すべり症を整体治療で改善するには?

レントゲンを撮ればある程度確定診断可能です。
問題は整形外科や病院で診断されても治療がない事です。

物理的に背骨がズレているのに湿布や痛み止めが効きますか?

●腰椎分離すべり症には内臓の硬さをとる治療

●背骨や骨盤矯正で滑りにくい傾斜を作る事

●神経治療で持ってるインナーマッスルを最大限使えるようにする事

腰椎分離すべり症のセルフメンテナンス

やっとここでセルフケアの話になります。

一言でまとめると腹筋つけるに尽きます。

なんだ~って感じでしょうか?
ただ腹筋と言っても色々あります。

腰椎分離すべり症に関して整体治療的に
必要な腹筋は腹横筋、腹斜筋、大腰筋
などのインナーマッスルが必須です。

基本動かないで腹式呼吸をする事で
余計な他の筋肉に負荷をかけない方が
効果が出やすいです。

関連記事